HISA_DAYS(株主優待メモ帳)


株の入門 人気の株主優待 お得な情報 株の出口 THANK YOU FOR COMING!

ピーターパン from インド

2010年03月14日 (日) 01:50 hisanori

今日は「白い日」

昨夜は、トリュフ作りで夜中の3時まで苦戦していた古ちゃんです。


さて、昨日は、いろんな所で、
えっ・・・
「インド?」
とか・・・
「ピーターパン?」

って言われてました。
!!!
ピーターパンfromインド

「インド帰り?」と聞いてきた、お花屋さん、着物屋さん。。。
僕は一度も行ったことがありません。
着物屋さん

ギャラリーやアロマショップ、お食事会では、「ピーターパンみたい」と突っ込んでくれたけど。。。
僕は空を飛べません。
お食事会のケーキ

あと、工事現場の異端児という意見が少数w 確かにパンツの形は似てた…
造りかけのプラネタリウム

・お花屋さん「リグノーサ
・着物屋さん「和道楽着物屋
・ギャラリー「ジルダール
・アロマショップ「リージェントハウス英国アロマショップ Indigo Drop)」
・料理教室「シードブルーム

名古屋ペチャクチャナイトVOL.3

2010年02月07日 (日) 18:14 hisanori

昼間は名城公園の25キロRUNでヘトヘトになったけど、昨日のメインは名古屋ペチャクチャナイトVOL.3です。

ペチャクチャナイトは毎回、面白い方に出会えるので、本当に楽しい!
名古屋ペチャクチャナイトVOL.3

一番興奮したのは、「近所の金魚は弥富のきんちゃん」の制作をした、ご当地ソングライターの小島さんとお話できたこと!!以前、振り付けを覚えようと、YOU TUBEを何回見たことか(@@)



名古屋ペチャクチャナイトVOL.3の続きを読む

笑って経済学

2010年02月07日 (日) 17:43 hisanori

金曜日のお笑い経済学部は、この日で6回目。

発表してくれる経済漫談が笑えないときは、やさしさで笑ってあげます(笑)といっても、ウケてない時は、それはそれで面白いので、結局笑うのですがwww

今回のテーマは「競争、市場構造、政府の役割」です。

競争はやっぱりなくてはダメですね!

教育の現場にも、競争をいろんな角度から取り入れていってほしいです。別に、ただテストで点数を比べることだけが教育での競争ではないはず。市場が、価格のみで競争を行っていないのと同じで、教育もいろいろな視点から子供をみてもらえたらいいと思います。
今日、学んだ言葉で言えば、ゆとり教育は「市場の失敗」ですね。
そして、JALも失敗!?

さて、今日でミクロ経済が終わって、次回からはマクロ経済です。
理系の思考からすると、ミクロとかマクロという言葉をこの環境で聞くと、どうも違和感が出てきます。

やはりミクロといえば、細胞や高分子でしょう…

第5回アウトプット経済学【価格と意思決定】

2010年01月08日 (金) 22:34 hisanori

今日は、おしゃべりメインのアウトプット勉強会でした。

内容は雑談5割、本題3割、その他・落語2割くらいの配分。
この無駄かと思われる雑談、実はここから学ぶ内容が一番興味深い情報だったりします。
自動車の発注裏話やフェアトレードの問題、IHクッキングヒーターの実情、過剰生産された高級ワインの流通対策など、集まる人が色んな業界の方で話の内容もウケます。
たまにマニアックすぎて理解できません…

さて、本題のテーマは「価格と意思決定」

価格の変化は、勝手に起こっているわけではなく経営者の意思が絡んでいます。
また、消費者は価格によって目的のものを買ったり買わなかったり、代わりのものを購入するという意思決定をしています。

価格そのものは何も語りませんが、市場の反応によってメッセージは語られているというのです。そして、目の前の価格に対するあなたの意思決定も市場や経営者へメッセージを投げかけているということ。

と、本に書いてありました(汗;


明日はトレーニング用のランニングシューズとランニングキャップを見に行く予定です。
ちょっと「価格と意思決定」を意識してみよう♪

景気回復は忘れたころに?

2010年01月06日 (水) 22:34 hisanori

11月の世界経済教室の資料を見ていたら、面白そうな内容があったので少し調べてみました。

市場調査会社のニールセンが2009年第3四半期の世界消費者景況感指数を発表していて、それに関連した内容です。

(1)ニールセンの調査結果
2009年3Qの消費者景況感指数は世界平均で86、日本は49となっています。ニールセンの景況感指数は100を基準に、それ以下では「景気が悪い」それ以上では「景気が良い」を表しているそうです。

面白いのはこの値ではなくて、景況感指数の推移です。日本は長期的に低い状態ですね。これは、日本人の気質のようで、元々景気に対して悲観的なモノの考え方をするからだとか。良く言えば慎重派な日本人。
そしてもう一つは、マスコミの影響を受けやすい国民性からと言われています。

景気回復は忘れたころに?の続きを読む

更新履歴